理想を追い求めようとしたときに

IT業界で上手く渡り歩いていくために、参考となる先輩の仕事の仕方などを学習していこうと意識していくと思います。故に、自分にとって有益となるモデルがないかと探していく姿勢が顕著であるほど、その人の伸びしろの大きさとなっていくのであり、とりもなおさず伸びる人材となれるように尽力していこうとするのです。

また、人生を有意義なものにしていくためにも、仕事のみならず、その人の生き方にも着眼点を置き、その人の正しい生き方の参考例が、自分の人生を成功へと導いていくものだと信じる方がいても不思議ではないでしょう。

自分が社会で生きる人の模範として映ることは、自分にとって名誉のことだと感じている方もいることでしょう。故に、自分が参考としてもらえることが、自分という人間性を高く評価していることになるからであり、一人の社会人として認められたという証左にもなっていくのです。

そして、参考にする人は、その対象となるその人に対して敬意を表していき、参考にしてもらった本人は、自分を認めてくれたという充足感が心を満たしていくことになり、そうした意思疎通の下に温かな人間関係が構築されていくことが考えられます。故に、そうした心の通い合いが、今後の社会においても必要となっていくのであり、IT業界にも、そうした敬意と充足感が、社会人としての健全な心を形作る上での重要な要素となっていくのです。そうしたことから、参考にすることは、心と心をつなぐための行為とも言えるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です